倉庫にてマッサージチェアーの解体を行いました。

今日は回収業務はありませんでたしたので、倉庫にて以前に回収したマッサージチェアーの解体を行いました。

まず覆っているレザー部分を剥ぎます。

次にチェアーの骨組みとなっているプラスチック部分と鉄の部分を区別出来るよう解体していきます。更に電気コードはハサミで切ります。

解体後は、外側のレザー、中のクッション、プラスチック類はゴミとして、鉄、電気コードは再生資源として利用されていきます。

それではまた明日の回収業務に励みたいと思います。